スポーツ整形

スポーツ整形とは

スポーツ整形スポーツ整形では、スポーツに関係した故障を診察しています。競技によって起こりやすい故障に特化した治療や、慢性的な使いすぎであるオーバーユースによる障害の早期復帰を考慮した治療やリハビリなどがあります。靱帯損傷、腱・靱帯の炎症、肉離れ、疲労骨折などを、運動内容や外傷・障害の特殊性を十分に認識した上で診療しています。

スポーツ外傷によるケガについて

それぞれのスポーツによってダメージを受けやすい場所は変わりますし、日常生活の動作で起こるけがとは違う特殊性もあります。そのため、スポーツ整形についてしっかりとした知識や経験を持った専門医への受診が重要になってきます。また、治療中の運動療法プロフラム指導で、競技への早期復帰へのサポートも受けられます。
当院では、専門医の医師だけでなく、理学療法士・セラピスト(柔道整復師・マッサージ師)も専門的に治療に携わります。

初期治療がポイント

スポーツでのけがは、初期に正しい診断と適切な治療を受けることが重要です。無理をしてしまうと治癒までに長い期間が必要になってしまうケースが多く、その部分をかばうことで別の場所にも故障が広がってしまう可能性もあります。
当院では、年齢・性別、種目とポジション、症状などをしっかり踏まえて治療を行っています。また、早期回復や予防にも配慮して患者様と話し合いながら筋力強化、ストレッチング、運動動作指導などの適正な運動療法プログラムを組み立てています。

予防と再発防止のために

ウォーミングアップ

ストレッチングで関節や筋肉の柔軟性を高めることで、けがを防止します。

正しいフォーム

正しいフォームを身に付けて、筋肉や関節に無理な力をかけないようにします。当院ではフォーム指導も行なっております。

オーバートレーニング回避

力が入らなくなった際や苦痛が起きたら小休止を入れ、運動強度を見直してください。過度なトレーニングは逆効果ですし、疲労骨折やオーバーユースによる故障の原因になります。

水分補給

運動を行うと余計な熱を冷ますために汗をかきます。汗で失われた水分をしっかり補給してください。また、水分不足は集中力の低下などにもつながります。

クールダウン

運動でたまった疲労、体に残る負荷や衝撃などを解消するため、必ずクールダウンを行ってください。

スポーツ別の故障

野球

野球野球肘(離断性骨軟骨炎・内側側副靭帯損傷・上腕骨内側上顆裂離骨折)、野球肩(腱板損傷・インピンジメント症候群・SLAP損傷・ベネット損傷・上腕骨近位骨端線離開 ・上腕二頭筋長頭腱炎)、手有鉤骨骨折、疲労骨折などが主なものです。
投球過多とフォームの乱れによる外傷や障害が多くなっています。
投球動作による肩や肘への負担、体幹を支える腰背部、膝関節、手関節への負担があり、投球、捕球、打撃、走塁などに加え、ポジションによる違いも考慮した治療や予防が必要です。

サッカー

サッカー大腿部肉離れ、膝前十字靭帯損傷、膝内側側腹靭帯損傷、足関節捻挫、足関節インピンジメント症候群、足ジョーンズ骨折などが主なものです。
下肢の傷害が圧倒的に多く、接触プレーによる外傷もよくあります。
キック動作によるもの、ダッシュ、ジャンプ、スライディング、ステップなど、多彩な動きによるさまざまな故障が特徴になっています。

バレーボール

バレーボール突き指・足関節捻挫、ジャンパーズ・ニー(膝蓋腱炎)、腰痛症、ルーズショルダー、手関節捻挫などが主なものです。
ジャンプの際に起こる故障が圧倒的に多く、次いで同じ動作の繰り返しによる慢性障害です。
着地の衝撃が影響しているケースが多いため、シューズなどへの配慮も重要になってきます。

テニス

テニステニス肘、テニスレッグ(腓腹筋肉離れ)、腰椎分離症、肩インピンジメント症候群、足関節捻挫、三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷などが主なものです。
利き手側の上肢や肩、慢性的な腰の障害、そしてダッシュなどによる下肢への負担も大きくなっています。

バスケットボール

バスケットボールジャンパーズ・ニー(膝蓋腱炎)、足関節捻挫、膝半月板損傷、膝前十字靭帯損傷、腰痛症などが主なものです。
ジャンプやダッシュの繰り返しによる衝撃や、着地の失敗など下肢に負担が大きく、接触性の外傷も少なくありません。

ラグビー

ラグビー頭頸部外傷、鎖骨骨折、肩関節脱臼、腰痛症、大腿部肉離れなどが主なものです。
激しいコンタクトによる外傷が多く、危険回避の方法をしっかり取得することも重要です。

ゴルフ

ゴルフ肩インピンジメント症候群、肋骨疲労骨折、腰痛症、ゴルフ肘(上腕骨内上顆炎)、有鉤骨骨折などが主なものです。
運動強度は低いのですが、ウォーミングアップやクールダウンの不足による故障が多くなっています。またプロでは、左右対称性のない動作の反復などによる故障やオーバーユースがほとんどを占めます。

ジョギング

ジョギングランナー膝(腸脛靱帯炎)、シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)、大腿部肉離れ、アキレス腱炎、アキレス腱付着部症、足底筋膜炎、脛骨・腓骨・中足骨疲労骨折などが主なものです。
反復によるストレスで外傷や障害が起こるケースが多くなっています。

水泳

水泳水泳肩(肩峰下インピンジメント症候群・肩峰下滑液包炎・腱板損傷・SLAP損傷)、平泳ぎ膝(鵞足炎)、腰痛症などが主なものです。
水中という非荷重環境での競技ですし、接触もないので外傷は少なく、オーバーユースによる慢性の症状がほとんどを占めます。