リウマチ科

関節リウマチ

悩み指、手首、ひじ、肩、ひざ、足首、足の指などの関節に炎症が起こり、関節が腫れて痛み、進行すると関節の変形や正常な機能が損なわれる疾患です。腫れや痛みと言った症状があり、進行すると、関節の変形や、正常に機能しなくなってしまうことがあります。
30歳以上の人口の1%にあたる人が関節リウマチにかかるとされており、現在は日本に100万人以上のリウマチ患者様がいると報告されています。30~50歳代の女性に多いと報告されています。

当院では

〇 関節リウマチの早期発見につとめ、メソトレキサートなどの抗リウマチ薬(DMARDS)を基本薬として症状の進行を予防し、最新の生物学的製剤を用いて症状の寛解(痛みや腫れがほぼ消失した状態)を目指します。

〇 痛みや腫れのある関節に注射を行い、痛みを緩和し、必要に応じ提携病院にて手術を行います。

関節リウマチの原因

遺伝や感染による病気ではないことはわかっていますが、はっきりとした原因はまだわかっていません。免疫系にトラブルを抱えた方の発症率が高いため、免疫の機能に異常が起きているのではないかと推測されています。

関節リウマチは不治の病ではありません

関節リウマチは進行性の不治の病気と考えられていましたが、最近になって生物学的製剤が登場し、病気の進行を止めたり、完全に治癒(臨床的寛解)することも可能になっています。痛みの解消だけでなく、関節の変形を予防し、これまでと同じような生活や仕事、趣味を続けていくことも可能です。そのために重要なのは早期発見と適切な治療です。

関節リウマチの症状について

見逃さないで、初期症状

初期には関節痛以外の症状がよく現れます。倦怠感、食欲不振、体重減少、微熱など更年期障害と間違えやすい症状ですので、こうした症状があったら、リウマチではないか医師にご相談ください。

主な症状
  • 朝起きた時の手足のこわばり
  • 手指関節の痛み・腫れ
  • 手首の痛み・腫れ

右手に現れた場合左手にも症状が出てくるケースがよくあります。

症状が起きやすいのは、手関節、手の指の付け根にある中手指節関節、指先から2番目にある近位指節関節です。

支障がないからと後回しにせず、こうした症状があったら必ず専門医に相談してください。症状が軽い状態で適切な治療を行えば、日常生活に大きな支障を与えることなく寛解させ、それを長く保てる可能性が高まります。

当院で使用しているリウマチの薬

非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)

副腎皮質ステロイド ( 内服薬 関節内注射)   

ヒアルロン酸(関節内注射)

抗リウマチ薬

csDMARDs
  • リウマトレックス・メトレート(メトトレキサート)【免疫抑制薬】 内服
  • プログラフ(タクロリムス)【免疫抑制薬】            内服
  • ブレディニン(ミゾリビン)【免疫抑制薬】            内服
  • アザルフィジンEN(サラゾスルファピリジン)【免疫調整薬】       内服
  • ケアラム・コルベット(イグラチモド)【免疫調整薬】       内服
  • リマチル(ブシラミン)【免疫調整薬】              内服
tsDMARDs
  • ゼルヤンツ(トファシチニブ)【JAK阻害薬】(分子標的薬)     内服

生物学的製剤 (分子標的薬)

bDMARDs
  • エンブレル(エタネルセプト)【TNFα阻害薬】           注射
  • ヒュミラ(アダリムマブ)【TNFα阻害薬】             注射
  • シンポニー(ゴリムマブ)【TNFα阻害薬】             注射
  • シムジア(セルトリズマブベゴル)【TNFα阻害薬】         注射
  • アクテムラ(ドシリズマブ)【抗IL-6受容体抗体】           注射
  • オレンシア(アバタセプト)【CTLA4-Ig製剤】(T細胞活性化調節剤) 注射

当院または提携病院で行なっている手術

  • 指関節滑膜切除
  • 指関節固定
  • 手関節滑膜切除
  • 手関節形成
  • 伸筋腱断裂腱移行
  • 伸筋腱断裂腱移植
  • 前足部変形関節形成
  • 外反母趾 内反小趾
  • 足趾ハンマートゥ
  • 人工膝関節
  • 人工股関節 など