手外科

手外科とは

手模型手外科は整形外科に含まれますが、腕や手・指を専門的に診療し、その機能を再建することに特化した外科です。手はとても鋭敏な感覚を持ち、繊細な作業が可能であり、第2の脳と呼ばれています。そのため、手の障害は日常生活に大きな影響を与えます。手外科は骨・関節外科、脊椎外科を含む運動器機能外科の全分野に加え、末梢神経障害に関する外科的治療なども行うことで、手という器官を総合的に捉えて診療しています。

痛みなどの症状なく手を使えるように

診察手に痛みやしびれ、動きの悪さなどがある場合、「使わないようにして回復を待つ」ことが正しいとは限りません。手外科疾患には使わないことが悪化につながるものもありますし、そうではない疾患でも使わないことで手指が固くなって動かなくなる拘縮を生じ、手が使えなくなる可能性もあります。もちろん、骨折などの場合、一定期間は手を使わないことが必要ですが、最小限にとどめてできるだけ早期にリハビリを開始することが機能回復に大きく役立ちます。
また、日常生活において、手を使わないことは大きな不便を生じます。手外科の診療では、痛みなどの症状なく手を使えるようにすることを重視した診療を行っています。

手外科の疾患と治療

ばね指、腱鞘炎、ガングリオン、手根管症候群、母指CM関節症については別途、ご説明しています。こちらをご覧下さい。

肘部管症候群

しびれや痛み・不快感といった症状が、肘の内側から小指と薬指にかけて起こり、進行によって手の筋肉が痩せることで指を伸ばせなくなる、閉じたり開いたりできなくなるかぎ爪・鷲手変が生じます。細かい作業が上手にできなくなり、握力の低下ももたらします。
肘の内側にある肘部管の尺骨神経が締め付けられ、伸長されることで麻痺を起こす状態です。神経を固定している靭帯や筋肉の圧迫、加齢による骨の変形、小児期の変形治癒骨折、スポーツや重労働などによって起こります。
診療では、症状と筋電図検査で神経麻痺の程度を評価し、進行の早さを特にしっかりみていきます。経過観察程度の保存的療法しかないのが現状であり、進行が早い場合には手術が必要となります。
この手術は日帰りで受けることができ、上肢伝達麻酔下で行われます。障害の原因により手術法が変わり、術後に関しては約1~2週間で仕事復帰が可能な場合と、肘の安静を約2ヶ月必要になる場合があります。

野球肘

肘の投球障害で成長期に起こります。最初、投球時に疼痛が起こり、進行すると日常生活の動作でも痛みを感じる、肘の曲げ伸ばしに制限があるといった症状が現れます。痛みを放置して投球を続けていると損傷が進行して関節の変形や可動域制限が起こり、パフォーマンス低下をもたらすため、早期の受診がすすめられます。
損傷が起こる場所により、肘の外側で上腕骨の関節軟骨が損傷するもの、内側で靭帯・骨・軟骨が損傷するもの、後方で骨・軟骨が損傷するものの3タイプに分けられ、ボールの投げすぎというオーバーユースが原因です。投球時のフォームに問題があって起こっていることも多いので、フォームの矯正も必要になってきます。
治療は、疼痛がある間の投球を控え、フォームの矯正や、リハビリによって肩や股関節などの柔軟性をアップさせます。また、早期復帰に手術が有効なケースもあります。なお、進行してしまうと軟骨移植といった手術が必要になって、復帰までに時間がかかってしまいます。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

ものを掴んで持ち上げる動作、タオルを絞る動作を行った際に、肘の外側から手首にかけて痛みが生じます。テニスプレイヤーに多いためテニス肘と呼ばれていますが、実際にはテニスをしていなくても起こります。発症が多いのは働き盛りの中年層です。
手関節を背屈する筋と指を進展する筋の起始部である腱組織は、上腕骨の外側上顆に付着しており、この腱が骨から少しずつ剥脱していくことで疼痛が起こります。また、関節内の滑膜ヒダ損傷によって同様の症状が起こっている場合もあります。
疼痛緩和のために、外用薬や物理治療、ストレッチなどを行い、労作時に肘へかかる負担を軽減するために専用のサポーターを使用します。なかなか改善しない場合や仕事内容などによって手術治療も行われます。手術は日帰りで受けることができ、伝達麻酔下で行います。

TFCC(三角線維軟骨複合体)損傷

手をつく、捻るなどの動作によって、手関節尺側(小指側)への痛みが生じ、前腕の動きが制限されます。
TFCCは靭帯などの支持組織で、橈骨と尺骨という前腕骨で作る遠位橈尺関節を安定させる役割を持っています。このTFCCに外傷や変性が起こると支持性が失われて遠位橈尺関節の安定性が失われ、痛みが起こります。
保存治療として、サポーターの使用を行います。サポーターの使用で思うような効果が現れない場合には、関節鏡視下で行う損傷部の処置や再建術なども検討されます。

ヘバーデン結節

DIP関節という指の一番先の関節が瘤のように膨らむ、曲がるなどの変形を起こし、疼痛や可動域制限を起こしています。ほとんどの場合、数本の指に生じ、痛みの起こる指が変わっていきます。ミューカスシスト(粘液嚢腫病態)という水イボのような膨らみができる場合もあります。
40歳以降の女性が発症する頻度が高く、女性ホルモンや体質などが発症に関わっているとされています。徐々に進行していきますが、変形の程度には個人差があり、疼痛が強い場合には関節も不安定になります。
治療ではテーピングが有効であり、日常生活に支障がおよぶ場合には関節固定術によって指機能の向上を図ります。

ブシャール結節

PIP関節という指先から2番目の関節に変形と疼痛が生じ、関節がうまく曲がらなくなるため、握る動作に支障が生じます。何本かの指に起こることもよくあります。
ヘバーデン結節と同じく変形性関節症であり、テーピングや外用薬による治療を行います。日常生活に支障を来すほど変形が高度で指の動きが悪くなっている場合には、人工関節置換術や肋軟骨移植、足趾の関節移植術などの手術を行います。

マレット指(槌指変形)

DIP関節という指先端の関節が曲がったまま伸ばせなくなった状態で、多くは突き指が原因で起こります。ただし、指先をちょっと引っかけただけで起こる場合もあります。腱性マレット指と、骨性マレット指の2つのタイプに分かれ、それぞれ治療法も異なります。
腱性マレット指は伸筋腱断裂が原因で、放置するとPIP関節が過伸展する“スワンネック変形“を来します。受傷後すぐであれば装具や副木による固定を行います。時間が経過しすぎている場合には手術による腱縫合が必要になります。
骨性マレット指は、末節骨の関節内骨折が生じており、放置すると関節の脱臼を来します。手術による整復固定を行いますが、皮膚の上から細い鋼線を2~3本刺入する手術法であり、切開がないため負担が少なくなっています。