日帰り手術の案内

日帰り手術とは

手術入院が必要なく、受けたその日のうちに帰宅できる手術です。医療技術の発達により手術手法が洗練され、技術や機器の進歩が加わったことで、体への負担が少ない術式や麻酔で手術が行えるようになって実現しています。体への負担が少ないため、安全性の高さもメリットのひとつです。
入院のためにスケジュールを作るのは、お仕事や子育て、介護などでお忙しい方には厳しいのが現状です。そうした方にとって、病気を完治させるチャンスとして日帰り手術をおすすめしています。また、術後の安静をご自宅でリラックスして行えるため、入院による不要なストレスも軽減されます。こうしたことから、日帰り手術はお気持ちにも負担が少ない治療法だと言えます。

日帰り手術のメリット

生活への影響を最小限に

入院では、数日から1週間以上にわたって仕事や学業を休む必要があります。事前の準備や退院後のフォローも必要になるため、生活への影響が大きく、スケジュールを作ることはかなり大変です。
日帰り手術では、デスクワークなどの軽作業の場合、手術を受けた翌日や翌々日からの仕事復帰が可能になっています。スケジュールを空ける必要がないため、生活への影響を最小限に抑えることができます。

準備や気兼ねが不要

入院期間の留守を預かる方への準備やフォロー、そしてご自分の入院準備も必要なく、ご家族など付き添いも必要ありません。
病室で過ごす精神的な負担もなく、ご自宅でリラックスして回復に専念でき、余計な気兼ねも不要です。

経済的な負担もの軽減

入院して受ける手術では入院費がかなりの負担を占めています。日帰り手術では入院費がかかりませんので、同じ内容の手術を受けた場合、約2~5割の治療費削減が可能になっています。また、当院の日帰り手術は健康保険が適用されています。さらに、任意保険に加入されている場合、給付金を受け取ることができる可能性があります。手術を検討される際には、あらかじめ契約している保険会社に内容をご確認ください。

低侵襲で身体に優しい

当院では、最先端の技術や最新設備を導入し、高度な医療知識と専門医としての豊富な経験を基に、身体への負担を最小限に抑える日帰り手術を行っています。低侵襲なので合併症の可能性も低く、術後の復帰も早くなることが期待できます。

当院で日帰り手術の対象となる疾患

手術の流れ

1診察

医師と患者様が治療方針をしっかり話し合って手術治療が決定したら、術前検査・説明と手術のご予約をしていただきます。

2術前検査・手術のご説明

外来を受診いただき、術前検査を行い、手術に関してわかりやすく丁寧にご説明します。術後の過ごし方などについてもしっかりお伝えしています。

3手術当日の準備

ご来院されたら、トイレを済ませていただいてから診療室にご案内します。その後、麻酔注射を行います。

4手術

麻酔が効いてきたことを確認してから手術を行います。手術時間は10〜30分程度のものがほとんどで、長くても1時間程度です。

5術後説明

医師から病状や手術結果についてご説明し、ご帰宅となります。ご自宅で安静にお過ごしください。

治療費について

1割負担 3割負担
腱鞘炎 約2,000円前後 約6,000円前後
ばね指 約2,000円前後 約6,000円前後
手根管症候群 約4,000円前後 約12,000円前後
ガングリオン 約3,000円前後 約9,000円前後
デュプイトラン拘縮(1指) 約10,000円前後 約30,000円前後
デュプイトラン拘縮(2~3指) 約22,000円前後 約66,000円前後
皮膚皮下腫瘍(露出部) 約1,600円前後 約4,800円前後
皮膚皮下腫瘍(露出部以外) 約1,300円前後 約3,900円前後

手術は健康保険の適応となります。
※費用はあくまで目安です。その他診察代・処置代がかかります。
その他疾患に関してはお気軽にご相談ください。